看護師国家試験ドットコムTOP > 就職活動お役立ちツール

就職活動お役立ちツール

 

履歴書の書き方について
  • 1,日付について
  • 履歴書に記入する日付は、記入日ではなく、提出日を記入します。郵送の場合は記入日が好ましいと言えます。
  • 2,氏名について
  • 楷書体で大きくきれいに書くことを心がけ、戸籍どおりに記入します。氏名の横には押印を忘れず、もし、かすれてしまったら面倒でも新しく書き直しましょう。
  • 3,住所について
  • 郵便番号からふりがなまで、きちんと記入しましょう。数字のふりがなは数字で書きます。もし居候している場合は、最後に○○方様と記入します。
  • 4,連絡先について
  • 履歴書は簡潔に、他人の目で見て分かりやすく記入します。連絡先は繋がり易いほうの番号(携帯か固定電話)を記入します。
  • 5,添付する写真について
  • スナップ写真やプリクラなどは論外です。正職員応募の場合は、できるだけ写真専門店に行くほうが良いですが、もし時間が無ければ、インスタント撮影ボックスでも構いません。写真は必ずカラーで撮影し、写真欄のサイズに合わせてカットします。落としてしまった場合に、届けてもらえるよう、裏面に名前と連絡先を書くこともあります。
  • 6,学歴欄について
  • 小学校と中学校は卒業年月のみの記入でも構いません。もし行欄が少なければ、高校卒業から始めても大丈夫です。学校名は正式名称で記入し、県立・私立なども書き忘れないように注意してください。
  • 7,職歴・資格について
  • 新卒の場合は、就職経験がないので、実習先の病院名と配属先部門などを記入しましょう。看護師の資格取得がまだの場合は、「○月に資格試験受験予定」や、「資格取得見込み」と記入しましょう。
  • 8,趣味・特技など欄について
  • 幼少期から続けている趣味や特技は面接時に会話のネタとして展開される可能性があるので、簡潔に書きましょう。
  • 9,志望動機について
  • まずは、病院を知ったきっかけを簡潔に書きます。例として、実体験から引き出せる要素(研修でお世話になった/見学で伺った時の看護師さんの印象が良かったetc)と、その他の要素(ネットでアピールされている教育体制/看護学校の先生の推薦etc)を上手くミックスして、相手に採りたい!と思ってもらえるような志望動機を書くことが大切です。「楽そうだから・・や休日数が多いから・・etcのマイナス要素となるものは書かないように注意してください。
面接の受け方について
  • 1,面接前の身だしなみについて
  • 基本的にスーツ(ジャケット)を着用します。新卒の場合は、スキルや経験がありませんので、第一印象が大切です。髪の毛の色はできるだけ黒髪にしたほうが好ましいです。フケや、歯垢が付いていないか?更にスーツは、しわだらけになっていないか事前にチェックしましょう。マニキュアの色はできるだけ薄くし、派手なネイルアートはもちろんNGです。
  • 2,面接当日について
  • 出発前に持ち物のチェックを忘れないように。遅くても選考開始時間の15分前までには、現地に到着しましょう。病院の場合は、最寄駅からバスを使うケースも少なくないので、バスのダイヤを事前に確認しておくほうがよいでしょう。また病院に入る前に携帯電話の電源は必ず切りましょう。
  • 3,自己PRについて
  • 新卒はスキルと経験(職歴)がありませんので、仕事上における自己PRはできませんが、自己PRで一番大切な要素は、①自分の性格(周りから見て自分はどんな人間なのか?)②看護師を目指したきっかけ③学生時代に頑張ってきたこと(勉強や実習だけでなく、部活動なども可)になりますので、これら3点を踏まえ、上手くアピールしましょう。
  • 4,面接時のコミュニケーションについて
  • 看護師は専門知識が必要な専門職である一方、患者様とのコミュニケーション能力も必要とされています。面接時の質問意対しては、なるだけ簡潔に答え、自分の意向を伝える能力も審査されています。独りよがりの談話をするのではなく、相手が何を知りたいのか?をしっかり捉え、発言しなければなりません。更に、面接後に「ほかに何か質問ありますか?」といわれた場合は、必ず1つ以上は質問をしましょう!もし質問がなければ、その病院に興味がないと判断される場合もあります。
Copyright 看護師国家試験ドットコム All rights reserved