看護師国家試験ドットコムTOP > 母性看護学

母性看護学トピックス


母性看護学は誕生から老年期にわたる女性の一生を対象とします。
ヒューマンセクシュアリティ、リプロダクティブ・ヘルス/ライツの観点にたって幅広い視点で、母性看護学を深めます。 生命誕生を中心に、妊娠・分娩・産褥の経過と母子の看護について学び、それぞれの看護過程を展開、実践します。
また、基本的な母性看護学を基盤として、3年次からは助産学教育もおこなっています。
講義や臨地実習をとおして、助産の概念や倫理、専門性のみならず、法的責任についても探求します。助産に必要な知識・技術、助産診断過程についても体系的に学習し、より専門性の高い専門職を目指して基礎的な能力を育成し、より良い助産のあり方を構築していきます。


【 母性看護学各論 I 】
ヒューマン・セクシュアリティ、リプロダクティブ・ヘルス/ライツの概念を理解すると共に、その観点にたって母性看護学を深めます。そして、生命誕生を中心に、妊娠、分娩、産褥の経過と母性看護、新生児の看護について学び、それぞれの看護過程を展開します。

【 母性看護学実習 I 】
母性看護学で学んだ理論や方法を臨地実習における看護実践を通し、必要な知識、技術、態度の形成及び小集団指導についての方法論の基礎を理解します。

【 母性看護学各論 II(助産選択)】
助産の概念及び倫理、助産の専門性について学びます。

【 母性看護学特論(助産選択)】
助産論・助産技術中心に、助産に必要な、知識、技術について体系的に学習し、助産過程に必要な診断の技法を中心に理解します。

【 母性看護学実習 II(助産選択)】
病院での実習を行います。助産師として必要な基礎的知識と基本的技術・態度を養い、女性のライフサイクルの視点からより良い助産のあり方を構築します。

【 母子看護管理論(助産選択)】
助産師としての業務の範囲と法的責任について探求し、助産所の運営及び助産業務の管理に必要な基礎的能力の育成を図ります。

【 母子看護管理論実習(助産選択)】
助産所での実習を行います。助産所の看護サービスの実際および施設設備について学び、看護サービスを提供するための管理運営について考察します。併せて助産師独自の機能と業務範囲、法的責任について探求します。


 

※1 一例として東京女子医科大学より引用




Copyright 看護師国家試験ドットコム All rights reserved